在宅副業種類

在宅副業の王道・アフィリエイトの得意ジャンル増殖パターン

ざっくりと言ってしまえばアフィリエイトはスキルやセンスを問われる在宅ワークの代表格で「作業」とは最も遠いところにあるビジネス形態です。
web上の独立した営業代理店(多くの場合、経費も含めたフルコミッション)のわけですから、商材の選定から始まって検索エンジン最適化や記事の作成(もしくは外注)など、全て自己責任でやらなくてはいけません。
一つでも方針を大きく失敗すると思うように利益を上げるのは難しくなります。

実は10年ほど前であればアフィリエイターそのものが少なかったため競合が緩やかで、なおかつgoogleを始めとした検索エンジンのスパム探知も甘かったため、内容の薄い記事を大量に並べるだけで生計を立てていけるような状況でした。
しかしこの数年でネットビジネスに関わってくる人も増え、ネット上のアウトソーシングによって良い記事を書けるライターがネット広告業界に大量参入しまた、検索エンジンにおける記事の有用度の判定も正確さを増してきました。

こういう経過を経てアフィリエイターのコンテンツ作成スタンスというのは180度変わりました。
上述の流れが逆になったのです。
つまり商材の選定から始まることが多かったアフィリエイターの活動の順番が逆になって
まず自分が重要だと思う記事の作成があり、次にその記事に対するアップロードやSEOがあり、最後にコンテンツに合った広告選ぶという流れになりました。
むしろこの流れの逆転はユーザーにとっては朗報であると言えます。
素直に自分が見たいコンテンツからそのコンテンツに関係のある商品に導かれるわけですから、一昔前の流れよりも不自然さは少ないと思います。

やはり先に売りたい商材が決まっていて、それに合わせて記事を作成するとなるといくら合わせて書いたとしても、どこかに不自然さが残りますから最初からこの自然な流れを目指していたgoogleのマッチング広告はやはり先見性で優れていました。

この流れに沿うならばアフリエイターもまず自分が書きたい記事ありきでそれがビジネスになるかどうかは最後の段階で考えるということになります。

例えば、釣りについての記事を書くとすると以前ならばブラックバスやヘラブナなど需要の多い記事について書くのが常道でしたが現在の流れであれば一般的な需要が少ないと思われるアオギス釣りやクチボソ釣りも書きたければ全力で書いていくことがベターです。

全力で書き上げた結果、自分が運営しているサイトが釣りだけに特化していないサイトでアオギス釣りを置く場所に困るようであればクラウドソーシングなどでその記事を必要としているニッチなサイトマスターを探して買ってもらい自分の書いたもので自分のサイトに必要なものだけを手元に残していきます。
最終的にはこの流れになってスパム系のアフィリエイターは淘汰されたようですが真面目にコンテンツを作っていたアフィリエイターにとっては真剣に記事を作成すれば必ず報酬につながるので、仕事のペースは安定してきています。

ライティング一本だと書いた記事は必ず誰かに買ってもらわなければなりませんがアフィリエイターとライターの兼業の場合は仕事の自由度はかなり広がりますのでこの流れは今後さらに加速して行くのではないかと思います。

在宅副業はポイントサイトがオススメ

ポイントサイトは在宅副業の一つの手段として考えるのはいいでしょう。ポイントサイトは簡単に登録できて誰でも使えるものなので気軽に始められます。まず新規登録するだけで100円ぐらいもらえるところもあります。一番の魅力は友達紹介でポイントを稼げるところでしょう。友達紹介をすれば紹介1人につきだいたい300円ぐらいはもらえますので仲人紹介すればあっという間に3000円を稼ぐことができます。紹介された人がポイントを稼ぐとその50%ぐらいが自分の所にも入ってくるサイトがあってそういうところは真っ先に登録しておくことをお勧めします。インターネットショッピングを頻繁にする人はポイントサイトを登録しておくことをお勧めします。ほとんどのポイントサイトは楽天市場で買い物をすると購入金額の約1%から2%のポイントが付きます。1万円で買い物をした場合100円のポイントがつくのです。あなたにクレジットカードを作る人にもオススメです。新しくクレジットカードを作ればカードによっては5000円ぐらい新たにもらえるものもあります。また株を始めたい人や fx をやりたい人にもオススメです。新しく口座を作ると条件次第では1万円以上もらえるところもあります。登録して買い物やクレジットカード登録新規口座開設だけで10万円稼げるポイントサイトは登録して損はありません。